<meter id="hjmqn"><ins id="hjmqn"></ins></meter>

<cite id="hjmqn"></cite>
    1. <cite id="hjmqn"></cite>

    2. <cite id="hjmqn"><p id="hjmqn"></p></cite>

    3. 远航棋牌官网

      グローバルナビゲーションへ

      本文へ

      ローカルナビゲーションへ

      フッターへ



      ホーム > 株主?投資家向け情報 > お問い合わせ?よくある質問 > よくある質問:日本証券金融について

      よくある質問:日本証券金融について



      Q1. 日本証券金融がいろいろな銘柄の大株主であるのはどうしてですか。

      様々な銘柄で「日本証券金融」が大株主として登場することがありますが、これら當社名義となっている株式は、貸借取引融資の擔保として証券會社から受け入れている株式です。
      日証金が証券會社に対して貸借取引の融資を実行すると、証券會社より融資に対する擔保として(信用取引で買い付けられた)株券を受け入れます。その「融資擔保株券」については、一定のルールに基づいて、配當基準日等の権利確定日には融資を受けている証券會社に代って當社が株主としての権利を確保しています。この結果當社名義に割り當てられた配當金等は、融資を利用している証券會社に対してその権利を提供することとしています。

      PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

      Q2. 日本証券金融が大株主となっている會社の株が暴落したら、多額の損失が生じませんか。

      當社名義の株券は、上記のとおり、當社グループ會社の株式を除き「融資擔保株券」であり、あくまでも擔保目的で預託され名義が書き換えられたものであって、當社が投資有価証券等として所有する株式ではありません。そのため、當社の保有資産について損失が生じるということはありません。

      Q3. 「融資擔保株券」の値段が大きく変動した場合、貸借取引の貸付の擔保が不足することになりませんか。

      貸借取引貸付では、毎営業日その日の終値(終値がない場合は気配値)で擔保の値洗いを行い、擔保価値が下がれば、すぐに証券會社からその下落分の返済を受けます。
      融資擔保株券の値段が大きく変動しても、貸借取引貸付の擔保の価格変動リスクは限定され、貸付分の回収に対する懸念は極めて小さいものにとどまっています。

      远航棋牌官网